感謝しかない50ダイブ記念!

常連様のまるちゃんまきちゃんがついに50ダイブを迎えるということで一泊二日で遊びに来てくれました!さらにサンライズで出会った海仲間も一緒にお祝いに来てくれました。

思えば昔(ちょっと前)オープンウォーター講習をやって、すっかりサンライズっ子で育ってもう50本!50本中29本はサンライズだそうです(感謝)

今ではすっかりかっこいい一人前のダイバーになりました。

初日はちょっと遠征西伊豆がっつり3ダイビング!

今回は雲見へ行ってきました。

雲見24アーチ

地形が面白い雲見の洞窟ダイビングです。

かっこいいカンパチの群れや、

1cmくらいのクマノミベイビーがめちゃ可愛い!そんな具合で雲見を楽しんで、

夜は、

 

サンライズおなじみゲストでありゲストじゃない「一平ちゃん」の握りで乾杯でした♪

(一平ちゃんいつもありがとうございます)

それにしてもこの握り見事ですよ〜

 

さらにゲストのはみちゃんがクッキー焼いて来てくれました!!

これクオリティやばいですよね!!

しかも貝殻でデコレーションした写真たてまで!!

僕の方からは挿絵付きの色紙を送らせていただきました。

いつもサンライズ使ってくれてありがとう!素敵な海仲間に出会えて、僕も幸せです。

 

これからもみんながドキドキわくわく、そして心温まるようなショップを作っていくので100ダイブもお祝いさせてくださいね!!

川奈ダイビングフェスタ2018

年に1度のビックイベント川奈ダイビングフェスタの季節が今年もやって参りました〜!!7月7日たくさんのメーカー様によるモニター会!

今年初!ナイトダイビング〜( *`ω´)日没寸前でエントリー真っ暗な海の中は、昼間とは様子が一気に変わり

まさにアドベンチャー!!

昼間活発に動いているお魚が岩陰でボーッと寝ていたり、暗くなってから活動をはじめる伊勢エビやタコなどが見れたりと超エキサイティング!!!7月8日地元漁師さんによるお魚や貝などの海の幸BBQ〜!焼きそば、フランクフルト、サザエ、アジ、サバ、ブリなど盛りだくさん!!!アドバンス講習中のあゆみちゃんサザエを上手に殻から取り出せてご満悦(笑)とっても美味しかったです(*^o^*)

今年、川奈で行われるナイトダイビングは

7月21日

8月13日

9月1・8日

の4日間でございます!東伊豆ではチャンスの少ないナイトダイビングですのでこの機会に是非ご参加くださいお気軽にお問い合わせ下さい♩

イベント、ツアー情報などHPにも詳しく掲載されております☆

CHECK→ SUNlaIZU HP

都心から一番近い離島「初島」

熱海からたった30分、そこは南国のような離島

予ねてから行きたっかた離島「初島」手軽すぎて逆に行っていなかったのですが、今回はダイビング事業者向けの視察会ということでお誘いいただいたので、参加させていただきました。

熱海からフェリーに乗ること30分。本当遊覧船程度の距離を行けばそこは都心部から一番近い離島、初島です。

いくら近いとは言えやっぱり島に降り立つ瞬間はなんかこう「ワクワク」しますね!

初島到着です〜!

初島のダイビングサービス、シーフロントさんにお世話になりました

フェリー乗り場からダイビングサービスまでは徒歩数分。小さい島だけに移動距離が短くて楽でした。

お世話になるシーフロントさん。施設も綺麗でスタッフの方も丁寧に教えてくれました。今回は”篠原さん”がガイドしてくれました。

海の方はさすがに初島と言えど3〜7m程度で良くはなかったですが、伊豆地周りも透明度が激悪状態だったので仕方ありません。今回の目的は楽しむことよりナビゲーションを覚えることだから全く問題なしです。

そして驚いたのが「タカベ」の群れ。透明度が悪い中でもすごい数のタカベがああっちにもこっちにも!聞くと、ほぼ通年タカベが居ついているようで群れを見るダイビングは初島の一番の見所だそうです。

確かにあの透明度であれだけ見れれば少し水が良くなれば相当数が見れると思います。

2本のダイビングをガイドしてもらいナビゲーションもバッチり教えていただきました。

地魚料理で満腹

お昼は海辺に並ぶ地魚料理店へ。どこも初島で獲れるお魚を提供してくれているようで鮮度は折り紙付きですね!

めっちゃ美味しかったです!!ごちそうさまでした!!

島観光も面白い

続いて島観光。

人口の少ない小さな集落があります。日本の風情溢れる港町。心落ち着く風景です。

とこちらは一転、南国リゾート感満点!女子にはこっちが良いかもしれませんね(^^;;

まだ他にも灯台があったりアスレチックがあったり、海を一望できる温泉があったりと島観光がめちゃくちゃ面白い!しかも全部歩いて回れるのが魅力ですね。

日帰りで楽しめちゃう、都心から一番近い離島へダイビング&島観光で行ってみませんか?

リクエスト頂ければご案内いたします!オススメです!

今回お世話になった篠原さん、小林さんはじめスタッフの方々、ありがとうございました。

八丈島ツアー③

八丈島ツアー3日目!

前日は海から離れて山を堪能したので3日目はがっつり海に戻りましたよ〜(((o(*゚▽゚*)o)))

この日も現地のダイビングショップ「カナロア」さんにガイドして頂きました♩

朝一で潜った1本目

ポイント 八重根 透明度 20〜25

水温23〜24

この日はすっかり晴れて透明度もグンっとUP!

エントリーしてすぐまたまたカメさんがお出迎えしてくれました!

1日目にも潜った八重根港ですが、今回はルートが変わり

まさにインスタ映え!海写真映えするアーチポイントへ!!

太陽の光が差し込み、なんとも幻想的!

イソバナもとってもきれいで色んな角度からパシャパシャ(笑)

1本目終了後、前日ビールと塩むすびを両手に八丈富士に挑んだ

俄然海派の小島隊長

から出た一言

本当にその通りです!!(笑)

(ちなみに前日の記事に書かれていた歩きたくないチームは私あやかと小島隊長の2人。笑)
やっぱり海最高。

ってな感じで2本目!!

ポイント 乙千代ヶ浜(おっちょがはま)

透明度 20〜25 水温23〜24

潜ってびっくり!個性豊かなウミウシがたーーーっくさん!!

キイロイボウミウシ

パイナップルウミウシ

コールマンウミウシ

キャラルウミウシ

ミゾレウミウシ

伊豆半島ではあまり見ることがないウミウシさん達だったので、カメラチームがいっぱい写真を撮ってくれました!!

おっちょが浜にはロクハン組には嬉しいタイドプールがあり

ジャケットを脱がせあいっこしては爆笑

泳いでみては爆笑

もはや何をしていても爆笑。

そんなくだらない事で笑っている中、ガイドの横川さんから

「ここがなんでおっちょが浜って言うか知ってる??」

と突然の質問

「昔、島に乙千代さんと言う働き者の女性がここで飛び込んで亡くなったからだよ」

ぎゃーーーーーーー( i _ i )

可愛らしい名前の由来がそんなホラーだったとは、、、。

一同一気に凍りつく(笑)

ヒヤッとしたあとは昼食タイム♩(笑)

今日は焼くぞ〜!

と意気込むメンズ組( ̄▽ ̄)

ご飯を食べたら早速、焼き焼きタイム〜

昼食を食べたのはとっても眺めの良い公園♬

八丈小島もきれいに見えます!!

最後にみんなで記念撮影〜

お腹がいっぱいになってラスト3本目は1日目にも行った

超目玉ポイント ナズマド

水温23〜24 透明度 20〜25

ツアー最後のダイビングなので1人1人のお写真を(=゚ω゚)ノ

今回のツアー企画者ゆきちゃん

何からなにまで計画を立ててくれてありがとう!!八丈島でも大阪人っぷりを発揮してくれました(笑)ギョサン買えてよかったね☆

小森さん

今回のツアーでは陸でも海でもたくさんの写真を撮ってくれたカメラマン!!&ナビゲーション!!知らない土地なのに道を覚える速さにはビックリでした(笑)

小島さん!

八丈島ではいつも以上にボスでした!!どんな場面でもみんなのまとめ役をしてくれてとても助かりましたm(_ _)m

2人でぶつぶつ文句言いながら八丈富士を登ったのも一生の思い出ですね(笑)

ふみえもん!

ツアー中はとにかくエンターテイナーをしてくれ、常に笑いが絶えなかったのは間違いなく、ふみえもんがいたから♬

みんなに握ってくれたおにぎりも最高に美味しかったです(⌒▽⌒)

なっちゃん!

山でも海でも全力で楽しみ、みんなをリードしてくれたパワフルなアイドル!!なっちゃんの笑顔に元気をもらいました(`_´)ゞ

がっつり3ダイブほんっっっとうに楽しめましたね(((o(*゚▽゚*)o)))

今回なにからなにまでお世話になった

現地ダイビングショップの【カナロア】さん

終始ぎゃーぎゃー騒がしかった私たちにも優しく付き合ってくれて(笑)

八丈島のことから海のことまでたくさんのことを教えて頂きました!!

本当にありがとうございました!!

是非、川奈にも遊びに来て下さいねっ♩

そして3日目の夜ご飯は

八丈島郷土料理【梁山泊】さんへ!

かんぱーい( *`ω´)

八丈島の名物 漬け寿司

アシタバの天ぷら

トマトとモッツァレラチーズ

八丈島牛乳のグラタン

などなど!

どれも本当に美味しかったです!!

みんなのお写真も(°▽°)

という感じで

本当にあっという間の4日間でした!!

最終日はお土産を買って

またのんびりまったりみんなでお酒を飲み、ツアーの余韻に浸りながら東京まで帰りました!!

帰りの船ではイルカが見えたりと最後までハッピーなツアーでしたね〜♫

次回は来年の小笠原ツアーに乞うご期待!!!

八丈島ツアー②山編

八丈富士はあっちの世界だった

ゆっきーのリクエストで始まった今回の八丈島ツアー、せっかくだから「観光もしたい!」ということでなか日は島観光をしました!

午前中は「八丈富士」を登って、午後は滝に行こうという計画。男衆は朝からビールあけて完全”オフ”な感じでまったり楽しむ予定です♪

南国感溢れてていい感じの道です。

車で登っていくとさっきまでとは一転して、冷たい風が吹き、いきなり北海道へ来たような気分です。牛さんものんびりと草を食べています。八丈富士麓にある牧場で最後のトイレを済ませいよいよトレッキングタイム。

いざ八丈富士トレッキング

さぁここから登山開始!1280段あるそうですが階段付きで、45分ということなんで手軽に楽しめそうです。

雨上がりの森は木々が輝いていてとても綺麗です!がっつり雨予報だっただけにラッキーでした。

登り始めて10分、、、

 

異変に気づきます。。。

 

足が・・・

 

上がらん!!!

 

朝のビールが効いているのか、普段の運動不足か、それとも八丈富士が急勾配なのか!!!!おそらく全部!!!!

 

次第に、「潜りに来たのになんで山に登っているんだ?」とか、「もうちょっとゆっくり行ってよ!」とか、しまいには「もう帰るとか!」

文句ばっかりです。笑

 

そんなこんなでもなんとか854m頂上へ到着。

大事に持ってきたビールと塩むすびを添えて記念撮影。さてここからはお鉢巡りチームと、歩きたくないチームの別行動。

噴火口、お鉢巡り

僕もせっかくなんで噴火口のお鉢巡りへ。

 

風も強く、霧がかってて、景色も見えませんがたまに見え隠れする下界をみるともうここは天空の城。すでに雲の中にいるんだなぁと実感できます。

不思議なほこらを発見。怪しい雰囲気が漂っていますがなんだか無性に入りたくなります。

 

 

やっぱり入りました。窓の向こうは八丈富士の斜面で海や街が見渡せます。

こっちは霧の世界で稜線の噴火口側は一向に霧に包まれたままでどうなっているのかわかりません。あっちの世界とこっちの世界をつなぐ怪しい〜洞窟。

 

少しづつ霧が晴れてきたお鉢の中。あっちの世界はなんだかジャングルのようになっています。

90度以上に反り立った噴火口の際。

必死に止めたのですがどうしても中が見たいようで先端に行きたがるなっちゃん。僕は「腰高い!!しゃがんで!!」と安全地帯から叫んでいました。そんなな心配をよそにゲストさん達は、

 

みつはーーーーーー!!!!!

 

滝くーーーーーーん!!!!!

 

 

と叫びながらやまびこを楽しんでいました。笑

しかもそれがすごくリアルでまじで映画の中かと思うぐらいでした、驚

 

いよいよお鉢の全貌が

顔稜線を進んでいくと、ちょうど中間を過ぎた頃その全貌が露わに。

すごい迫力!!!

八丈富士のお鉢全貌。

まるで日本じゃないような絶景です。僕の表現力では伝わらないのでとりあえず

 

マジですげぇ!!!!

お鉢にあるという神社へ

次はお鉢の中にあるという神社にも寄り道。道中はこんな感じでシダ植物が生い茂っていたり

木をくぐったりとこちらもまたアドベンチャー感満載!ぬかるみや茂みを歩くこと15分。

浅間神社へ到着です。手ぶらで来てしまったのでお供え物もありませんでしたが、勝手に明日のダイビングの安全祈願と大物祈願をして後にしました。

あたりは苔やシダが鬱蒼と茂りもののけの森のような神々しさすら感じました。

無事に下山。手軽なわりに人の手も入っておらず手付かずの状態で素晴らしい山でした!

ギョサンの数がすごすぎる店

次は滝に向かいますが、「むかしの富治郎」さんへ少し寄り道。ここギョサンの品揃えがハンパじゃない!

みんなでここぞとばかりにギョサン買い漁って、

最後は滝へ

次は「裏見ヶ原の滝」へ。

滝の入り口は湿気と気候が良いのか、南洋の大型シダ植物「ヘゴの木」がたくさん生えていました。ジャングルって感じ!

午前中の登山と違ってここは楽チンです。高低差も特にないので本当気楽な散歩ですわ。

これが裏見ヶ原の滝、遊歩道の上から降ってくるので水かかりながら楽しく散歩できました。

帰路ではこんなアドベンチャーも!

みんなでターザンごっこ、笑

 

そんなわけで二日目の八丈観光、思ったより楽しすぎて充実の一日となりました〜!八丈島は海だけじゃない!ぜひ行く機会があったら山も楽しんでください!

 

それでは次回は最終日八丈島ツアー③へ