伊豆半島が世界に誇る海「神子元」

伊豆半島が世界に誇る素晴らしい海「神子元」

「みこもと」と読むこの海は伊豆半島の下田から5キロほどの沖合に浮かぶ岩礁帯です。

半島の外なので潮の流れが早いのが特徴でとてもスリリングなダイビングができます。何と言っても名物のハンマーヘッドシャークを初めとするサメ類が見れるのも素晴らしいですが、イサキやタカベの大群、それからカンパチやヒラマサなどの大型の青物、大型のモロコ(クエ)やド級のマダイなどなど伊豆半島の地方周りとはまるで別の世界の海が待っています。

その分海流が早いため、容易な経験本数とダイビングスキルでは絶対に近づいてはいけない場所でもあります。

伊豆半島の中でも限られたダイバーのみが立ち入りを許される聖域的なイメージです。

そんな神子元へサンライズダイビングで行って参りました!

僕自身も神子元経験は浅いためガイドも背筋が伸びとても緊張する海です。毎回沖に出る船の上は無言になっちゃいます、笑

今回は9月の一週目。僕的に何かが起こるスーパーサンデー。期待に胸を膨らませいざエントリーするとスーパーブルーの世界が待っていました(^o^)/

黒潮が入っている様子で暖かくて真っ青な潮です。

伊豆半島神子元島

1ダイブ目は潮が早すぎた為、潮裏で潜ったので魚もそこまで多くは無かったですがカンパチやイサキの群れなどを堪能しました!

そして2ダイブ目は潮もさっきより更に青くなり情報ではハンマーチャンスあり!ということで期待して潜ると目の前に2匹のハンマーヘッドシャーク出現!しかも後ろからもう一匹、3m級のボスハンマーも出現!

ウォーーーーーーーー!!ハンマーでけーーーーっっっw

かっこヨーーーーーーー!

と水中で叫んでしまいました。ぼく自身二度目のハンマーヘッドシャークとの遭遇でしたがやはりかっこよくアドレナリン出ますねッ!

一瞬の出来事で写真はないですが、また近いうちにリベンジ行ってきます!

神子元、イサキ、タカベの群れ

 

 

3連休ラストは神子元で締め!

三連休の最後!海の日の締めは伊豆半島、沖合に位置する離れ小島。「神子元島」で締めることに!

ハンマーが当たっているとの情報も入ってますが、とにかく神子元はギャンブルです!数時間単位で変わっていく海況と果てしない大海原の生物達、その氷山の一角でいざ、当てられるのか?!ハンマーヘッドシャーク!!

ということで気合い満々で向かったものの、潮はま〜ったり〜。全然動きません。さらに透明度は、、、暗い。。。

魚影も???

で1ダイブ目完全に外しました(>_<)

お昼は海の家でかき氷食べてまったり。午後の戦に勝利を願っていざ、2ダイブ目!

潮は結構行ってる模様で神子元らしい流れになってきました。いざ軍隊のようにエントリーかまして水中入ると、さらに透明度は悪化。しかも水温20度とこの時期にしてはかなり冷たい潮に当たってしまいました。。。

結果ハンマー見れず!!!!(T_T)

3連休の最後は大石「持ってない男」のレッテルを貼られてしまいましたが、カンパチやイサキ、タカベの群れ、大真鯛、カメ、モロコなどなかなか見れない生物も観察できたし。何より「神子元」というドキドキ感はここでしか味あわえない最高のアドベンチャー。すべてのダイビングスキルが完璧に出来る事が参加の最低条件のここ神子元。誰でも連れて行けるわけではありませんがぜひ一度チャレンジしてみてください!

次回こそ持っている男になりたいッ!!!笑