超ファンキー!日本一をやらかしたバディ!

なんと!!水深30mから徒歩だけで富士山へ登るというクレイジーなチャレンジをすると言うのです。日本一の高低差を徒歩のみで制覇するという何の得も無い地獄のチャレンジにご協力させていただきました、笑

そんな超ファンキーボーイ&ファンキーガールのご紹介!

そーじゅくんとヨーコちゃん。今から-30mまで潜り、後ろに小さく見えているあの山の頂上まで歩くというのですから普通の神経ではありません。笑

でも大石、そんなバカが大好き!僕は歩けませんが一緒に潜らせていただきました!

ロケ地に選んだのは富士山がもっとも綺麗に見える大瀬崎。海況も天気も抜群で元気満々のお二人です。外洋の海は僕も初めて潜ったのですが、急傾斜と、いい感じのソフトコーラルの群生、サクラダイやキンギョハナダイなど魚影も濃くとてもファンなダイビングでした。

大瀬崎でダイビング

水中景色や生物も楽しみつつマックス深度の30mに到達!

大瀬崎-30m

これから高低差日本一のさらに上、3806mの登山が始まるのです。ということでこの日はここまで、僕は二人をおいて大瀬崎を後にしました。

-5日後-

この計画を全うするために再び大瀬崎に集合しました。14:00着の予定ということで僕は少し早めに向かうと道中、トボトボ歩く二人の姿を発見。車で拾ってあげたいのは山々ですが、それでは意味が無いので「あと少し頑張れよっ!」と声を掛け先に大瀬崎到着。

16:00予定より遅れながらも二人が到着。5日前の元気で楽しそうな表情は消え去り顔はやつれきっていて足もおぼつかない様子です。5日間、睡眠もろくに取れないまま歩き続けたわけですから無理もありません。

ダイビング支度を済ませ海にエントリーするとヨーコちゃん、「気持ちいい〜」と一言。浅場は視界1メートルの濁った海でしたがよっぽど気持ちよかったんでしょうね。とりあえず時間も無いので出来る限りの深度を撮って23.7mまで行ってきました。

ということでこのファンキーな計画は無事に幕を閉じることができました。距離は推定140キロくらいでしょうか?日数は5日。途中何度も心折れそうになったそうですが、やりきった二人に拍手ですね!二人ともよくやったね!

 

 

詳しい登山ストーリーはこちらのブログでチェックしてみてください!!