伊豆ブルー到来!

伊豆ブルーってなに?勝手に僕が名付けてる伊豆半島で最高の青!沖縄にも匹敵するような透明度のことです。

未だに迷走中の台風5号が伊豆ブルーをひっぱってきてくれましたね!本日の川奈、透明度15m以上、水温25度以上〜(^o^)/

海の色がトロピカルな南国色の中今回はアドバンス講習を開催してきました〜!

アドバンス講習って聞くとちょっと難しいって思っている方もいるかもしれませんが、アドバンス講習は遊びを上達するためのコース、遊びのためのコース、つまり遊ぶコースです。

ってことでたくさん遊んでみました!

フィンを外して〜、

ホバリング!フィン外すと浮遊感も格別〜♪

全然泳げない感じがまた楽しいんですよ〜!

ぜひアドバンス講習でやりましょう!!←いつもやってるわけでは無いのでやりたい方はリクエストしてねッ^^

そんなわけで思いっきり楽しみながら二日間のアドバンス講習を終え立派なアドバンスダイバーが誕生しました!

アドバンスダイバー認定おめでとうっ!いつもご来店ありがとう(^o^)/

 

 

 

おまけ

 

今回お買い上げのニューマスクを着けての一枚!実は男子ですw

これからは男もピンクの時代が来るかも?!

台風5号に感謝しなきゃね!

む〜!迷走台風5号にだいぶ悩まされています。約二週間に渡り伊豆半島沖に滞在してあっち行ったりこっち行ったりしている5号さん。予報もコロコロ変わり信ぴょう性は無く、もう前日にならないと、いや当日の朝で無いと潜れるかどうかも分からない予測困難な状況です。そんな中迎えた週末。よっぽどお断りさせてもらおうかとも思ったのですが、宿泊のお客様ばかりだし、大阪から来てくれるゲストもいるので、最悪潜れなかったら昼からBBQだ!てな具合で起こしいただきました!

前日の大時化具合から今日は無理かと思っていたのですが、なんと朝になったら穏やか〜!!これが川奈ミラクル!!

こうなるとは思っていたけどねwww

いつも川奈はそうなんです、台風直前とかでも凪で全く問題無く潜れたりしちゃうんです!

ってことで今日も元気に川奈でダイビング〜!台風の影響があり透明度はやや白みがかっていましたが10mほどあり良好です!多分台風明けは素晴らしい潮が入ってくると思います。

今日はレディースデーな1日でした〜(*^^*)

ダイビング屋にとって台風は天敵ですが実は台風はとても重要な役割をしてくれます。沖合から台風がやってくると遥か南の潮を運んできて透明度はアップし水温は上昇し、さらにそれに乗って南国の魚(季節来遊魚)も運んできてくれるんですね!潜れない日は出てきますが、海にとってもダイバーにとっても無くてはならない存在なんですよ〜!!

 

あと波乗りやるにも必要な存在♪

 

それでは台風5号様に感謝を込めてありがとう!本日のゲスト様もありがとうございます〜(^o^)/

伊豆半島が誇る地形ポイント雲見!

今日は伊豆半島屈指の地形ポイント、雲見へ行ってきました!雲見と行ったら洞窟の連続!初めて潜る人には必ず感動を与えてくれるフィールドです。ただ、、、遠いッ!

川奈からも1時間半くらいかかりますがお泊りのゲストだったので初日は川奈〜二日目雲見ってコースで伊豆半島満喫コースで楽しんできましたよ〜!

いざ、大海にエントリー!

海況は伊豆半島全域で迷走台風の影響が出ていて雲見も少し濁り気味でしたがまずまずのコンディション。透明度10m、水温23度前後くらいです。

狭い洞窟を抜けるケーブダイビング

洞窟の中は暗がりが好きなウミウシがたくさん!じっくり探すとあちらこちらに宝石のようなウミウシがいます。

イガグリウミウシ
〜〜〜〜ウェルニコス

呪文みたいな名前で、調べた側から忘れました。汗

それから僕としては初見の超レア魚のクダゴンベが!

クダゴンベ

どうですか!このチェック柄!と涙型の瞳!めっちゃ可愛いかったです〜(*^^*)

そんなわけで雲見を満喫してまいりました〜!

本日もみなさまありがとうございましたッ!

 

超ファンキー!日本一をやらかしたバディ!

なんと!!水深30mから徒歩だけで富士山へ登るというクレイジーなチャレンジをすると言うのです。日本一の高低差を徒歩のみで制覇するという何の得も無い地獄のチャレンジにご協力させていただきました、笑

そんな超ファンキーボーイ&ファンキーガールのご紹介!

そーじゅくんとヨーコちゃん。今から-30mまで潜り、後ろに小さく見えているあの山の頂上まで歩くというのですから普通の神経ではありません。笑

でも大石、そんなバカが大好き!僕は歩けませんが一緒に潜らせていただきました!

ロケ地に選んだのは富士山がもっとも綺麗に見える大瀬崎。海況も天気も抜群で元気満々のお二人です。外洋の海は僕も初めて潜ったのですが、急傾斜と、いい感じのソフトコーラルの群生、サクラダイやキンギョハナダイなど魚影も濃くとてもファンなダイビングでした。

大瀬崎でダイビング

水中景色や生物も楽しみつつマックス深度の30mに到達!

大瀬崎-30m

これから高低差日本一のさらに上、3806mの登山が始まるのです。ということでこの日はここまで、僕は二人をおいて大瀬崎を後にしました。

-5日後-

この計画を全うするために再び大瀬崎に集合しました。14:00着の予定ということで僕は少し早めに向かうと道中、トボトボ歩く二人の姿を発見。車で拾ってあげたいのは山々ですが、それでは意味が無いので「あと少し頑張れよっ!」と声を掛け先に大瀬崎到着。

16:00予定より遅れながらも二人が到着。5日前の元気で楽しそうな表情は消え去り顔はやつれきっていて足もおぼつかない様子です。5日間、睡眠もろくに取れないまま歩き続けたわけですから無理もありません。

ダイビング支度を済ませ海にエントリーするとヨーコちゃん、「気持ちいい〜」と一言。浅場は視界1メートルの濁った海でしたがよっぽど気持ちよかったんでしょうね。とりあえず時間も無いので出来る限りの深度を撮って23.7mまで行ってきました。

ということでこのファンキーな計画は無事に幕を閉じることができました。距離は推定140キロくらいでしょうか?日数は5日。途中何度も心折れそうになったそうですが、やりきった二人に拍手ですね!二人ともよくやったね!

 

 

詳しい登山ストーリーはこちらのブログでチェックしてみてください!!

 

 

3連休ラストは神子元で締め!

三連休の最後!海の日の締めは伊豆半島、沖合に位置する離れ小島。「神子元島」で締めることに!

ハンマーが当たっているとの情報も入ってますが、とにかく神子元はギャンブルです!数時間単位で変わっていく海況と果てしない大海原の生物達、その氷山の一角でいざ、当てられるのか?!ハンマーヘッドシャーク!!

ということで気合い満々で向かったものの、潮はま〜ったり〜。全然動きません。さらに透明度は、、、暗い。。。

魚影も???

で1ダイブ目完全に外しました(>_<)

お昼は海の家でかき氷食べてまったり。午後の戦に勝利を願っていざ、2ダイブ目!

潮は結構行ってる模様で神子元らしい流れになってきました。いざ軍隊のようにエントリーかまして水中入ると、さらに透明度は悪化。しかも水温20度とこの時期にしてはかなり冷たい潮に当たってしまいました。。。

結果ハンマー見れず!!!!(T_T)

3連休の最後は大石「持ってない男」のレッテルを貼られてしまいましたが、カンパチやイサキ、タカベの群れ、大真鯛、カメ、モロコなどなかなか見れない生物も観察できたし。何より「神子元」というドキドキ感はここでしか味あわえない最高のアドベンチャー。すべてのダイビングスキルが完璧に出来る事が参加の最低条件のここ神子元。誰でも連れて行けるわけではありませんがぜひ一度チャレンジしてみてください!

次回こそ持っている男になりたいッ!!!笑