伊豆の秘境、ダンゴウオに会いに

ども!そーたろです。今日もホームグランドを離れ、伊豆半島を南下し秘境のビーチへ行ってきました!ここ須崎はほとんどダイバーが居ないマル秘ポイント。便が悪かったり認知度が低かったりという理由でメジャーにならないこの海は人の手が入っておらず、本来の伊豆の海の姿をしているとても魅力的な海なんです。白砂に映える青い海はまるで沖縄みたいな抜群のロケーションです。

さて今回の目的は「ダンゴウオ」その名の通りだんごみたいですごくかわいい魚です。伊豆半島では3〜4月の冬季でしか観察できない貴重な魚。どこにもいるわけではなく海藻が豊富にある豊かな海にしか生息していません。マニアックなゲスト3名を連れていざ、ダンゴ一本勝負です。

コンディションは低気圧の影響で少しうねりがありました。潮色は透明度20mクラスの海ですが、うねりの影響で透明度は10m程度までダウンしている状況です。水温は17度とこの時期にしてはかなり高く全く寒くないです。

お目当てのダンゴウオですが、なんせ小さいため探すのは至難です。生まれたばかりの今の時期の大きさはゴマ粒くらい〜米粒くらいで大人になっても指先ほどのサイズにしかならない世界一小さい魚です。(多分)しかしここはダンゴウオが豊富にいるため早速見つかりました!

海藻に隠れるダンゴウオ

エツキイワノカってうややこしい海藻にひっそり隠れるダンゴウオ。この子で米粒くらいの大きさです。

ダンゴウオの正面

正面から見るとスライムのような形とクリクリお目目が一段とキュートです。

ダンゴウオ赤ちゃん

こちらはまだ生まれたばかりのゴマ粒サイズです。頭に天使の輪と呼ばれる模様があるのが特徴です。この他にも10個体以上のダンゴウオと出会うことができました。がっつり60分ダイブを二本潜ってダンゴウオとひたすら向き合うヲタクなダイビング。初心者の方でも参加できるのでダンゴウオに会いたい方はリクエストしてみてください。これからがダンゴウオの本番シーズンですよ〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です