伊豆半島が世界に誇る海「神子元」

伊豆半島が世界に誇る素晴らしい海「神子元」

「みこもと」と読むこの海は伊豆半島の下田から5キロほどの沖合に浮かぶ岩礁帯です。

半島の外なので潮の流れが早いのが特徴でとてもスリリングなダイビングができます。何と言っても名物のハンマーヘッドシャークを初めとするサメ類が見れるのも素晴らしいですが、イサキやタカベの大群、それからカンパチやヒラマサなどの大型の青物、大型のモロコ(クエ)やド級のマダイなどなど伊豆半島の地方周りとはまるで別の世界の海が待っています。

その分海流が早いため、容易な経験本数とダイビングスキルでは絶対に近づいてはいけない場所でもあります。

伊豆半島の中でも限られたダイバーのみが立ち入りを許される聖域的なイメージです。

そんな神子元へサンライズダイビングで行って参りました!

僕自身も神子元経験は浅いためガイドも背筋が伸びとても緊張する海です。毎回沖に出る船の上は無言になっちゃいます、笑

今回は9月の一週目。僕的に何かが起こるスーパーサンデー。期待に胸を膨らませいざエントリーするとスーパーブルーの世界が待っていました(^o^)/

黒潮が入っている様子で暖かくて真っ青な潮です。
伊豆半島神子元島

1ダイブ目は潮が早すぎた為、潮裏で潜ったので魚もそこまで多くは無かったですがカンパチやイサキの群れなどを堪能しました!

そして2ダイブ目は潮もさっきより更に青くなり情報ではハンマーチャンスあり!ということで期待して潜ると目の前に2匹のハンマーヘッドシャーク出現!しかも後ろからもう一匹、3m級のボスハンマーも出現!

ウォーーーーーーーー!!ハンマーでけーーーーっっっw

かっこヨーーーーーーー!

と水中で叫んでしまいました。ぼく自身二度目のハンマーヘッドシャークとの遭遇でしたがやはりかっこよくアドレナリン出ますねッ!

一瞬の出来事で写真はないですが、また近いうちにリベンジ行ってきます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です