ドキドキ♡初ダイビング

本日は体験ダイビングです!なんでも初めてのことにチャレンジするって不安だし、勇気もいりますよね。でもチャレンジしないことには面白いこともナイッ!

そんなわけで今日のチャレンジャーは埼玉から来てくれた、ちなっちゃんです。埼玉のゲストって実はかなり多いんですよね。やっぱり海無し県だからでしょうか?東京より少し遠いですが、日帰りでも来れちゃうパラダイス伊豆へようこそッ!

今日はスタッフのヨッシーが体験を担当してくれましたので僕は写真撮影係を努めます。

まだダイビングをしたことのない方もいるかもしれないので体験ダイビングってこんな感じっていう流れを写真とキャプション入れながら説明していきますね!

1.簡単に説明を受けます

まずは、インストラクター、またはダイブマスターからブリーフィング(簡単な説明)を受けます。呼吸の仕方やダイビングのコツ。注意点などをレクチャーを受けたらいざ、海へ!

2.ダイビング器材を使ってみる

といきなり海に入るには少し抵抗もありますよね。次に海に入る前にダイビングの器材の取り扱いについても少し学びます。

3.水面で呼吸の練習

次のステップは写真が抜けちゃいましたが水面での呼吸練習です。正しい呼吸が出来る為にじっくり水面で呼吸を慣らしていきます。この時はBCDと言うダイビング器材を使って体を浮いている状態(浮き輪に入っている様なものです)にするので不安があっても大丈夫。ここでじっくり慣らしていくことによって不安やストレスを取り除くことができます。

4.浅場でも呼吸練習

水面で呼吸が落ち着いたらいざ、水中へ。ここでもまずは呼吸の練習。普段と違う口呼吸、水中という環境での呼吸を十分に慣らしていく必要があります。インストラクターがしっかりとホールドして、常に表情や呼吸のペースに気を配っています。

5.泳ぐ!遊ぶ!

呼吸がうまくできて、ストレスや緊張もほぐれてきたらあとは遊ぶだけです!インストラクターが常に手をつなぎどんな小さなストレスも見逃しません。魚を見たり、浮遊している感覚や水中で呼吸が出来る感動を楽しんでください。

 

そんなわけで思いきり楽しんだちなっちゃん、「次はライセンス取りたい!」そう言ってくれました。もうすぐ夏だし、今年は海とともに夏を過ごそうぜ!

体験ダイビングは二人まで

僕は体験ダイビングは二人までしか見れないと思っています。個人のストレスを見抜き120%の安全管理をすること。個々のペースに合わせ、一人でも多くの方に楽しんでもらうことを前提にすると2人までになってしまうんですね。大人数で潜るスタイルや、ボートからいきなり飛び込まされる様なシステムでも問題無くすんなり出来ちゃうゲストもいます。反面ストレスや緊張を取り除くことができずにリタイアしてしまうゲストも増えてしまいます。たった少しのことでダイビングのストレスや緊張はほぐせます。そうすれば無限大に楽しい海の世界が待っています。怖い気持ちのまま終わってしまえばもう二度とダイビングを経験することがなくなるでしょう。僕は今オーナーとして一人でも多くの方に海を楽しんでもらいたい、伊豆の良さを知っていただきたいと思っています。

  • 徹底した安全管理をするため
  • 個々のペースに合わせ100%楽しんでもらうため

サンライズの体験ダイビングの人数比は1:2がマックスです。ご予約は何名でも可能です。スタッフを手配したり、またはインストラクターが2回転、3回転します。

是非この夏、伊豆で新しいことにチャレンジしてみませんか?精一杯のサポートをさせていただきます!!!!

 

熱き思いのレスキューダイバーコース

本日はレスキューダイバーコース、ダイブマスターコース同時開催( ^ω^ )

以前から熱い思いで通ってくれているなっちゃんはいよいよレスキューダイバーへ!

思い出すとダイビングライセンスを取得しに来てくれたのは去年の秋。ちょうどその時他のゲストのレスキューダイバーコースを僕が掛け持っていました。オープンウォーター講習中のなっちゃんには、そのレスキューダイバーコースに参加していたゲストがめちゃめちゃかっこよく映ったそうです。

オープンウォーター講習の時から「私もレスキューやりたい!」って言ってたなっちゃん、半年の間にあっという間に50本のダイビング経験本数とレスキューダイバーまで成長しました。

最後の事故者救助のシュミレーションでは完璧なレスキューデモンストレーションを見せてくれました!インストラクターから見ても

【めっちゃ、カッコよかったです。】

よく頑張りましたね!これでどの海に潜っても自信持って潜れるよッ(^o^)/

そんなわけで、ダイビングをもっと上達したい方や今のダイビングに物足りなさを感じている方は是非サンライズダイビングのレスキューダイバーコースにチャレンジしてみてください。新たな扉開きますよ!

アオリ一本勝負!ニコノスRS

川奈でアオリイカ大爆発ってことで、急遽駆けつけてくれたのは常連様のE様。もう1000本以上潜っている超ベテランダイバーです。僕よりも全然ダイビング歴長いし!笑

伝説のカメラ、ニコノスRS

水中写真を趣味として未だにフィルムカメラを使っているこの方。デジカメ全盛期の今、敢えてフィルムカメラに拘り続ける姿勢に大人の”趣味”の味わいを感じさせてくれます。毎年この季節になるとアオリイカを撮影しに来て下さります。僕も完璧にエスコートガイドするため、この方とはマンツーマンでしか潜りません。

その昔、世界の水中写真家達が皆愛用した水中カメラ名機ニコノスRS、現在では修理も出来ないようでとても不便になった反面、古き良き物への愛着は増すばかりなんでしょうね。

ダイビングという限られた時間と空間の中で、フィルムという限られた枚数で、良い写真を撮影するってめっちゃめちゃ難しいことですよね。それもまた楽しみなんでしょうね。

そんなRSを片手に海に向かっていく様は本当にカッコイイです。こんなオヤジになりたいぜって思っちゃいますね。

そんな貴重な休日のお楽しみをサポートさせていただくのが僕のお仕事。さてアオリイカは出迎えてくれるんでしょうか。

アオリイカ大爆発

本日も絶好調!ペア数で10ペア以上です。20匹を超える大型アオリイカの大乱舞見ているだけである意味恐怖を感じるほどの迫力です。イカがいるなら次の仕事はイカの誘導です。なるべくゲストが寄れる様にポジション取りやある程度プレッシャーを与えていきます。透明度が惜しかったですが、かなりイカに接近することも出来、納得のいくダイビングをしていただきました。

という具合で45分アオリイカのみ!×2ダイブ!こんな変態的なダイビングしたい方はご希望あればお伝えください〜!マンツーマンしか出来ないので日を選びます、笑

 

川奈、アオリイカ大乱舞!

北海道から来てくれたあかりちゃんも今日でラストダイブ!ってことでラストの締めはホームグラウンドの川奈でダイビングしてきました!

晴天、ベタ凪、透明度も抜群でもう言うことナシ!!

まずは最近出ているネコザメのベイビーちゃんをチェック。ちっちゃくてちょーキュートな可愛い子です。同じサイズの子が二匹近くにいました。きっと兄弟なんでしょうね!

その後は川奈ならではの面白い生物を紹介していこうと思ったのですがアオリイカの産卵礁をチェックするといるわいるわ!アオリイカがうじゃうじゃ!

しかもみんな活発でかなり近距離でも逃げずに産卵活動をしています。

こんなビッグチャンスなかなか無いので、がっつりイカダイブを二本楽しんできました。

他にもメイタガレイやシビレエイ、でっかいマゴチや美しいホウボウなどなど川奈の砂地、面白生物満載です⤴︎

メイタガレイのチャームポイントは何と言ってもその目!フラットな魚なので前が見にくいんでしょう目だけ高く飛び出ていて見通しが効くようになってます。

このシビレエイも癒しのキャラクターふわふわのんびり屋さんで形も顔もなんとなく宇宙的な不思議ちゃん。

そしてなんとこの子、自家発電できるんです。今日も優しく触ったらビリッとしびれました(^^;;

そんなわけで今日の川奈も大満足のダイビングとなりましたよッ!

川奈のアオリイカ大乱舞は動画でどうぞッ!

伊豆雲見でケーブダイビング

ダイビング満喫三日間、本日二日目は伊豆半島屈指の地形ポイント雲見へ!!

川奈からだと片道1時間半!同じ伊豆でもかなり遠い僻地です。現地に着くと、ダイバーもほとんどおらずちょーまったり。時が止まったかのようなスロータイムは西伊豆〜〜って感じで最高です。

早速潜ってみると透明度は10〜15mと伊豆海洋公園に比べると若干劣りましたがそれでもこの時期にしては◎!太陽もさんさん、初夏って感じで気分は最高潮!

光と闇、地球の胎内に侵入していく感覚でとても幻想的でかつ不思議な気持ちになれるのがここ雲見のケーブダイビング(洞窟ダイビング)

魚もあれやこれや、ウミウシ盛りだくさんで2ダイブじゃとても足りませんが満足行くダイビングになりました!

 

他にも10種類ほどのウミウシを観察できました!

最終日の明日は川奈でじっくり潜ってきます(^o^)/