sunla伊豆

ダイビングライセンスを取得するにはどっちが良い?都市型or現地型

3タイプのダイビングショップスタイル

ダイビングショップは、大きく分けると「都市型」と「現地型」の二種類に分類することができます。 都市型ダイビングショップというのは、東京や埼玉など、都心部や街に店舗を構え、ダイビングをする時はお客様をお連れし、伊豆などの現地まで出向くスタイルのショップです。それに対して現地型ダイビングショップとは、海の近くにお店を構え、お客様自ら足を運んでいただくタイプのショップです。さらにここでは沖縄や海外などエアラインを使わないと行けない現地型を「リゾート現地型」と分類してみます。それぞれ特徴があり良いところも悪いところもあります。また、都市型寄りの現地ショップもあれば現地型寄りの都市型ショップもあります。最終的にはお店のスタイルによるので比較は難しいですが、ダイビングライセンスを取得するという観点で一般的な特徴を比較していきたいと思います。

都市型か現地型か、あなたはどっち?

都市型ショップ向きのお客様

都市型ダイビングショップのメリットとしては手厚いサービスを受けられることです。都市部から現場まで車送迎が付いているので、車中、宿泊中などインストラクターが常に同伴している事、ご自宅からショップまでが近いので仕事帰りなどにも立ち寄れる事などコミュニケーションを取る時間がたくさんあります。海外や沖縄などのツアーも頻繁に行っているのでライセンス取得後も同じお店で末長く潜れる事などがメリットとして挙げられます。学科講習やプール講習などは都市部で開催できるので、じっくりと進めていくことができます。ご年配の方や、体力に自信のない方などもおすすめと言えます。基本的には全部丸投げ、お任せ的なスタイルです。一方、様々な経費がかかっているので料金は高めです。また器材は基本的にはレンタルではなくマイ器材を購入するのが普通です。それなりの金額になりますので心構えは必要になります。

現地型向きのお客様

現地型の一番の魅力はその海のスペシャリストとダイビングできるという事です。都市型と違い毎日その海で潜っていますから楽しませ方や危険なポイントなどを熟知しています。また低価格でダイビングを提供できるのも魅力です。店舗のテナント料や人件費、車の維持費などが大幅に安い上にスタッフ自身の交通宿泊費が含まれないので圧倒的に安いです。一方で現地型はセルフ的な要素が大きいのが特徴です。行き先やタイミングは自分で自由に決められますがその分下調べもしなければなりませんし、現場までは自力で行かなくてはならないので交通機関の手配も必要になります。さらに現地についてからの講習になるので学科講習などの時間が加算され、ある程度ペースの早い講習になりがちです。ライセンス取得後、担当してもらったインストラクターと一緒に潜りたい場合は同じ海に通う事になります。

リゾート現地型ショップ向きのお客様

沖縄や海外などのリゾート型のショップのメリットは暖かい水温や最高の透明度などとても良いコンディションで講習を受ける事ができます。それだけで大変なメリットです。また現地型ショップである事は変わりないので、「その海のスペシャリスト」がインストラクションしてくれるので信頼もおけます。移動交通費や自身での交通機関の手配が必要になりますが、ダイビング自体の料金も現地型ですから低価格です。一方では限られたスケジュールの中でダイビングメニューをこなさなければならないので体力に自信のある方向けといえます。万が一期間中に講習が終わらず補講が必要になった場合の事も考えておかなければなりません。また最大の難点としてはダイビングライセンス取得後に通う事が難しいのでライセンスを取得したきり潜る機会を逸してペーパーダイバー化してしまうケースが多いです。

当店の場合「伊豆」という立地だからできる都市型ショップと現地型ショップのいいとこ取り

もちろん、川奈のスペシャリスト
現地型のダイビングショップですから私たちにとっては「庭先」みたいなものです。コンパスなしでも迷うことはありませんし、水深計なしでも水深が全てわかります。お客様が浮上してしまいやすいポイントも把握していますし、どこにどんな生物がいるのか、シーズン毎の見所エリアなど網羅しています。そのためお客様を集中してモニタすることができ、小さなストレスも見逃しません。結果安全にダイビングをする事ができます。
交通手段が楽
送迎車に乗って寝て起きたらもう海、というわけにはいきませんが東京駅から公共機関を使えばたった1時間30分。時間にすれば車で来るより早いです。近隣の駅まではもちろん送迎しますので都市型ショップと大差なく楽ちんです。都市型ショップを利用しても結局は伊豆まで来て潜ります。
じっくりやりたい
現場で少しでも海に長く潜れるよう事前に教材をお送りしています。世界でもっとも信頼のおける指導団体PADIのDVDと教科書を予習をしておく事で当日も余裕を持ってじっくり進めていく事ができます。また、関東から日帰りで来れる場所にありますので万が一期間中に講習を終える事ができなくても補講などのスケジュールが1日単位で組めます。体力に自信がない方でも安心して参加していただく事ができます。
飽きさせません
当店のホームグラウンドは川奈です。川奈の海は穏やかでイージーなのでスキルアップや講習には最適な場所と言えます。生物層も広く四季折々様々な楽しみ方ができますが、毎回同じ海では少ししマンネリも。そんな時はセカンドホームグラウンド「伊豆半島全域」へご案内します。伊豆半島の様々なポイントをお客様のレベルやリクエストに応じてダイビングしています。またそれでも飽き足らないというお客様にはさらにエキサイティングな離島などのツアーも開催しています。
ローカルコミュニティ
都市型ショップはご自宅付近でコミュニティができるのに対して、現地型では現地でのコミュニティを持つ事ができます。現地ショップそのものがコミュニティの場となっているので様々なお客様とつながりを持つことができます。最近ではダイビングそのものより、サンライズで出会う海仲間が好きでお越しになるというお客様もいらっしゃいます。
スキルアップスクールとして使える
通える距離にあるのであなたのことをよく知っているインストラクターが本当の意味で一人前になるまで面倒を見ます。私たちはダイビングライセンスを発行して業務終了とは思っておりません。お越しいただいたお客様が不安なく潜れるまでライセンス取得後も様々なスキルアップのお手伝いをさせていただきます。
低価格
私たち現地型のダイビングショップの主な収益は「ダイビングすること」です。物販やツアーが少なくても現地でダイビングさせていただければ仕事になります。そのため少しでも多くダイビングしていただけるよう現在の価格にしてあります。決して器材の押し売りなどは致しません。常にガイドやインストラクションをしている現地のプロダイバーにとってお客様に一番求める事は、とにかくたくさんの経験本数を積んでほしいということです。それが上達への近道です。海は夢を見られる場所です、お金が無いからという理由で諦めないでください。

まとめ

都市型ショップにしても現地型ショップにしても特徴は様々です。あなたの行こうとしているショップをこの3タイプに分類すれば、ライセンス講習のイメージやライセンス取得後にどのようにダイビングライフを送るかまでおおよそ検討がつくかと思います。ダイビングショップもそれぞれのショップスタイルがあるのであなたに合ったスタイルのショップを選ぶ事ができれば今後のダイビングライフもより楽しくなるでしょう。