sunla伊豆

ダイビングライセンスを取得して憧れの海ライフを送ろう!ダイビングライセンス取得までを徹底解説

そもそもダイビングライセンスって?

ダイビングライセンスCカード

ダイビングライセンスとはPADIを始めとする各ダイビング指導団体が発行する認定カードになります。国内外のダイビングサイトでダイビングをするにはこのCカードの提示が必要不可欠となります。CカードはCertification-cardの意味で「技能認定証」のことです。国家的に認められたライセンスではありませんので少々語弊がありますが、当店では通俗的にわかりやすいようダイビングライセンスという表記をしていますのでご了承ください。また、国家的に認められた資格(ライセンス)としては潜水士という資格がありますが、通常ダイビングリゾートでは潜水士を取得されていてもPADIまたはその他のダイビング指導団体のダイビングライセンス(Cカード)が無いとダイビングすることはできません。「Cカード」=「ダイビングライセンス」=「一般人がダイビングをするにあたって必要な物」と解釈していただいて差し支えありません。

オープンウォーターダイビングライセンス(Cカード)取得すると

最大18mまでの水深でバディダイビングができる

バディダイビング

ダイビングインストラクターが直接監督していない状態でもオープンウォーターまたはそれ以上のランクのライセンス(Cカード)を保有している者同士でバディシステムを遵守した上で最大18mの範囲内でのダイビングを楽しむことができます。日本ではダイビングライセンス取得後もインストラクターガイドの元潜るのが一般的なスタイルですが、経験豊富なダイバーはセルフ(バディ)ダイビングする方も多くいらっしゃいます。写真はバディダイビングをする時に必要なコンパスを使って水中をナビゲーションするスキルを練習しています。

世界中の様々な初・中級ポイントでファンダイビングできる

沖縄サンゴ

世界でもっともシェアの大きいPADIですから、世界中のダイビングサイトでPADI認定ダイバーと扱われ、国内はもとより海外でも認識してもらうことができます。指導団体によってはCカードとして認めてもらいない場合がありますので必ずPADIはじめ、大手の指導団体のカードを取得しましょう。写真は宮古島のサンゴ礁。折り重なる美しいテーブル珊瑚や色とりどりの枝サンゴがとても美しいです。沖縄のみならず海外ではマンタやジンベエザメと泳ぐことだってできちゃいます。

海を通して仲間ができる

ダイビング仲間

会社や学校などと一味違う仲間、それが「海仲間」です。自然が好き、アウトドアが好き、何より「海が大好き」そんな人が集まるのがサンライズダイビング。年齢、性別の壁を超えて心から笑える海仲間を作りましょう。人見知りの人も初対面の人も海の中の時間を共有すると思っている以上に自然に心を通わすことができるものです。写真は西伊豆お泊りツアーに行った際の晩御飯。舟盛りを囲んで宴です。今日のダイビングのお話やこれから行きたい所、やってみたいダイビングなど話題は尽きません。

趣味として一生楽しめる

ダイビングスキル練習

ダイビングは適度な運動量のスポーツです。決してハードで過酷なスポーツでは無く楽しみながら適度に体を動かすことができるので女性やご年配の方でも楽しみつつ続けていくことができます。また、他のスポーツ同様、様々なスキルがあります。経験を積んでダイビングスキルが上達していけばさらにエキサイティングな海にチャレンジしていくこともでき達成感を味わうことができます。写真はダイビングの基本スキルでもっとも難しい「ホバリング」です。浮きも沈みもしない中性浮力を使って宇宙と同じ浮遊感を経験することができます。

PADIとは

Professional Association of Diving Instructorsの略で世界最大のダイビング指導団体です。厳しい安全基準を持ち、世界の約70%近くのダイバーがPADIのCカードを持つダイバーです。

そもそも指導団体とは何でしょうか。ダイビングはそもそも軍事目的で開発されたのが始まりでした。水中で呼吸ができる。人間にとって”夢”は瞬く間に、一般社会にも広がって行きましたがそれと同時に数多くの事故も発生しました。そこでダイビングを安全に行うための技術や知識、トレーニング方法などを確立し、ダイビングを一般社会で安全に楽しむ手引きをしてくれているのがダイビングの指導団体です。各団体がそれぞれの教育理念と方法でダイバーの育成を行い、認定された者に発行されるのがCカードということです。日本国内だけでも30あまりの指導団体があるそうですが、サンライズダイビングが開催するダイビングの講習は全て世界で最も評価されているPADIコースです。

PADIの使命

目的
PADIは、世界各地でのレクリエーション・スクーバとスノーケリング・ダイビングに対する一般の人々の関心を高め、期待に沿うプログラム開発に取り組むことを目的として存在している。
スローガン
PADI - The Way the World Learns to Dive™
ビジョン
PADIは、スクーバ・ダイビングのプロフェッショナルと熱心な愛好者の教育的な開発における世界のリーダーとなることをめざす。
使命
世界中のより多くの人たちにスクーバ・ダイビングを教えて、その素晴らしさと楽しさを知ってもらう。

世界最大のダイビングネットワーク

PADIは本部をアメリカ・カリフォルニアに置き、日本をはじめ世界に7ヶ所のエリアオフィスを配し、世界180ヶ国以上で13万5千人以上のインストラクターを含むプロフェッショナルメンバーと約5,800以上のダイブセンター/ダイブリゾートからなるワールドワイドな組織であるPADIは名実ともに世界最大のスクーバ・ダイビング教育機関です。ワールドワイドなダイビングのネットワークを持つPADIは、ダイバーの「楽しむ」、「学ぶ」、「磨く」といったキーワードに対し、様々なエリアでPADIプロフェッショナルからのサポートが受けられます。ダイビングの講習でも、ファン・ダイビングでも、国内でも海外でもPADIショップがダイバーのニーズにお応えできるように準備しています。

PADIの講習は世界基準

様々なフィールドテスト、潜水医学、心理学、生理学等の専門家との協力により開発され続けている統一されたインストラクション・システムは、ダイビングが初めての方からプロフェッショナルまで、様々なダイビングの楽しみ方をステップバイステップで幅広く提供しています。国内でも、海外でも、同じカリキュラムの講習が提供されています。PADIの講習は世界基準なのです。

PADIの効果的なダイバー教育システム

その昔、スクーバ・ダイビングのトレーニングは軍隊式で任務遂行型、肉体的な能力のみが要求されるハードなものでした。 PADIは、こういったハードな体力志向で長い時間が必要だったダイビングを根本から改革し、手軽に安心して楽しめる継続性重視のトレーニング方法を目指し、段階を追いながらレベルアップして行ける、限られた時間で最大の効果が発揮できるダイビング教育プログラムを開発しました。この教育システムは世界中のダイバーから支持され、たくさんの人たちにダイビングを楽しんでいただけるようになったのです。

常に「講習の質」を維持する努力をしています

PADIプログラムは高く評価されており、アメリカ教育審議会(ACE)によって大学単位と同等として推薦されています。これは、ダイビング指導機関としては唯一PADIだけです。 また、2009年末、PADIは、ダイバー教育やプロレベルなどのジャンルにおいて、独立機関である「European Underwater Federation」と「The Austrian Standards Institute」により、国際標準化機構(ISO)の国際規格に適合していると認められました。

ダイビングライセンス(Cカード)の種類徹底解説

PADIダイビングライセンスの種類

ここではPADIが発行するCカードの種類について詳しく解説していきます。上の図がライセンスの種類を取りまとめた一覧チャートになっています。ダイビングライセンスを持っていない方が、まず初めに参加するコースとしてはスクーバダイバーコースとオープンウォーターコースになりますが、ダイビングを極めていく為にどのようなコースが存在するのか、またどこまでを目指してダイビングに挑むのか、ぜひご覧になってください。

スクーバダイバー[PSD]
プロ資格を有するダイバー(ダイブマスター以上)が引率の上、最大12Mまでのダイビングをすることができるライセンスです。オープンウォーターより簡易的な講習で気軽に始められるコースとなっています。初めての方でも参加可能。
オープンウォーター[OWD]
最大18Mまでバディダイビング(インストラクター無しでのダイビング)が可能。ダイビングを安全に行うための24の水中スキルやトラブルを未然に防ぐための知識などを学ぶコースです。ダイビングをこれから初めたいという方が参加していただくコースです。
アドベンチャーダイバー[ADV]
様々なスタイルのダイビングを3ダイブ経験するコースです。オープンウォーター講習では経験しなかった、さらに楽しみの幅を広げるためのダイビングを経験します。オープンウォーター取得者が参加可能です。
アドバンスドオープンウォーター[AOW]
最大30Mまでダイビングが可能になります。必須のアンダーウォーターナビゲーション、ディープを含む5ダイブを経験します。アドベンチャーダイバーとコンセプトは同じでオープンウォーター講習で経験できなかったアドベンチャーなダイビングを経験してみようというコースです。オープンウォーター取得者が参加可能。
スペシャリティコース[SP]
様々なアドベンチャーダイビングがありますが、その中で興味の深いものを掘り下げて経験できるコースです。ディープSPなどはレクリエーショナルダイビングの最大水深の40Mまで経験可能。ナイトロックスなど特殊なダイビングもあります。各カテゴリ毎にCカードが発行されます。オープンウォーター取得者が参加可能。
エマージェンシーファーストレスポンス[EFR]
万が一の時に速やかに対応できるよう緊急時の対応を経験できるコースです。主に人工呼吸や心臓マッサージなどの心肺蘇生の手順を学びます。ダイビングライセンスを持っていなくても参加できるコースです。またレスキューダイバーにステップアップするのに必要なライセンスとなっております。
レスキューダイバー[RED]
アドバンス講習までは自身のダイビングスキルやダイビングの幅を広げていくというコンセプトですが、このレスキューダイバーコースはトラブルに遭遇したバディまたは他のダイバーに直面した時どのように対応すれば良いのかを学ぶコースです。他のダイバーをアシストしながら自身のコントロールをしなければならないのでスキルも大幅にアップします。アドバンスダイバーとEFRを取得した方が参加できるコースです。
マスタースクーバダイバー[MSD]
レスキューダイバーを取得し、5つのスペシャルティを取得した方に贈られる肩書きです。アマチュアの最高峰となっていますのでダイビングを始めたならぜひここまで極めていきたいですね。
ダイブマスター[DM]
ここからが「プロランク」と呼ばれるライセンスになります。ダイブマスターは基本スキルを全てマスターしたダイバーの証です。簡単な講習ではありませんが、やり甲斐のあるコースです。ダイブマスターになるとCカード保持者を引率したディスカバーローカルダイビングを開催することができます。レスキューダイバー取得者が参加可能なコースです。
インストラクター[OWSI]
世界各地でダイビング活動をしているプロが保有しているランクになります。ダイブマスターコースでは自身のスキルを極めることが主な内容だったのに対してインストラクターコースでは初めてダイビングをする方にどのように指導していけば良いのかを学びます。安全管理の方法やストレスの兆候の見抜き方など他のダイバーを見る目を養う為のトレーニングを行います。

最短でスキルアップするには

ここまでPADIのコースについて解説してきましたが、ちょっとたくさんありすぎてどのようにステップアップしていけば良いかわからない。または、ダイビングをとことん極めたいから最短でプロ資格まで取得したい。プロとは言わないけどせっかくならアマチュアダイバーの最高峰、マスタースクーバダイバーまでステップアップしたい。そのような方は以下の順序で取得してみましょう。

ダイビングライセンス最短ステップアップ

ゴールから辿るとわかりやすいですね。目標地点をダイブマスターとした場合、ダイブマスターコースに参加するにはレスキューダイバーライセンスが必要になります。レスキューダイバーコースに参加するにはアドバンスダイバーが必要になります。EFRも必要ですが、代替えの資格(上級救命講習)などでも代用できます。アドバンスコースへの参加条件はオープンウォーターダイバーになるので、まずはオープンウォーターからスタートして、アドバンス、レスキュー、ダイブマスターとランクをアップしていけば最短の講習でステップアップできるというカリキュラムになっています。スクーバダイバー、アドベンチャーはパスできるのでとにかく集中して最短でステップアップしたいという方はパスしちゃいましょう。

どこまで取得すれば良いのか

ダイビングを趣味として楽しんでいる方のほとんどはアドバンスライセンス以上まで取得されています。というのも世界のダイビングポイントを十分に楽しむには18mという深度制限では存分に楽しむことができないからです。だからといってダイビングは深ければ楽しいのかというとそれもまた違います。オープンウォーターダイバーで遊べる18m以浅の海でも今まで体験したことのない未知の世界と出会うことができます。楽しみ方は人それぞれ、まずはオープンウォーターライセンスを取得して、もっともっと潜りたい!そう思えたら、アドバンス講習で楽しくダイビングの幅を広げ、様々なスペシャルティコースにチャレンジしてみましょう。少し物足りなく感じたらレスキューダイバーコースを受けてかっこいいダイバーになってみませんか。マスタースクーバダイバーはもう目前です。

スクーバダイバーコースについて

サンライズダイビングではスクーバダイバーコースの内容ではダイビングを安全に楽しむことに不十分と考えております。そのため当店ではスクーバダイバーコースは開催しておりません。手軽で簡単というメリットのあるコースですが、時には危険も伴う可能性のあるダイビングを始めようと思うのであれば、やはり始めからオープンウォーターコースを受け、十分な技術を学ぶべきと当店では考えております。各地ダイビングサイトでもスクーバダイバーのライセンスではダイビングサービスを受けることが出来ない場合があります。スクーバダイバーとオープンウォーターコースの詳細を知りたい方ページトップのリンクからどうぞ。

オープンウォーター講習の理念と実施内容

オープンウォーター講習とはどのような理念なのか、また講習の全体のアウトラインから実際に水中で行う具体的なスキルなども解説していきます。それぞれがなぜ必要で、どのような価値があるのかを解説していきます。そもそもオープンウォーター講習で何を学ぶのでしょうか?一言で完結してしまうと

海で死なないダイバーになるためのスキルです

ちょっと過激な表現になってしまいましたが、海で事故を起こさないダイバーになることがオープンウォーターコースの目的です。さらに補足すると、ダイビングをすることによる様々なリスクを知識として認識し、海の中で起こり得る様々なトラブルに適切に対応して事故を未然に防ぐことができる人これがオープンウォーターダイバーであり、そうなるために学ぶことがオープンウォーター講習というわけです。

サーフィンやスノーボート、登山など自然を相手にする遊びでは一定のリスクが生じることは言うまでもありません。そして知識不足、または技術不足、この二つが重なった時に事故が発生します。オープンウォーター講習ではダイビングに置ける潜在的リスクを知識として学び、トラブルに直面した時に対応する技術を習得することが目的です。また自然相手の遊びでは無くてはならいシーマンシップ「海で遊ぶ者の心得」も学んでいきます。経験豊富な現地インストラクターの万全の安全管理の下、これらのスキルを習得することによって海で死なないダイバーになることができます。

ダイビングのリスク

これからダイビングが持つ潜在的リスクの例を挙げていきます。ダイビングをやったことのない方にリスクばかりお話してしまえば余計な不安を抱かせてしまうかもしれないという懸念もありますが、それらのリスクはどれも簡単な方法で回避することが可能です。ダイビングをこれから学びたい方に対して良い面ばかりをプロモーションするのは簡単ですが、何のために皆様が講習に参加するのかを今一度考えていただければ参加する講習の価値も上がるのではないでしょうか。同じお金、同じ時間を費やすなら有意義な時間であった方が良いですよね。それでは具体的にダイビングではどのようなリスクがあるのかをここで挙げてみます。

溺れのリスク

当然ですが、水中に入るので溺れるリスクはいつでもあります。人間はわずか50cmの水深しかないお風呂でも溺れて死亡する場合もあります。海へ行けば波もあり、水深も様々です。ましてや水中に入ればレギュレータと呼ばれる呼吸源からしか呼吸ができません。経緯は様々ですがダイビング事故の原因として一番多いのが溺れになります。

なぜ溺れるのか
溺れの原因は何でしょうか。実はダイビングで溺れる人の大半は水中ではなく水面で溺れているのです。呼吸元がレギュレータしかない水中と違い水面はいつでも簡単に呼吸ができてしまう、言わば人間の世界と魚の世界の「境界線」なのです。潜ってしまえば皆、そうそうレギュレーターを口から外したりはしません。しかし浮上後、水面に着くとすぐにレギュレータを外したがる方が多くいます。外の空気が吸える状況ですから、つい外したくなるのも分かります。しかし海には波もあります。しかも重たいウェイトを着けていたら体は沈んでいきます。体が沈むマイナス浮力の状態ではどんなに優秀な水泳選手でもそのうち溺れてしまいます。
対処法は
この状況でまずはじめにやらなければならないのは「浮力の確保」です。ダイビングでは自分の浮力を自由にコントロールすることができます。体が絶対沈まない状態にして、あたりの様子を伺ってからレギュレータを外してスノーケルにチェンジするというように対応します。体が高浮力で浮いている状態ですからどんなに泳げない人でも溺れようがありません。海に入る時、水面に上がった時、ボタンひとつで浮力を確保する。たったこれだけで溺れは防ぐことができるのです。
こんなに浮いてる状態では溺れ流ことはありません。ボタンひとつで簡単に溺れを回避できます。

減圧障害のリスク

ダイビングなど高気圧下で作業するにあたり「減圧症」というリスクが存在します。一昔前のダイビングでは減圧症について詳しく解析されていなかったこともあり後遺症を患ってしまった方などもいましたが近年では研究も進み、器材の進化などで重度の罹患者は少なくなってきています。しかし正しい知識を身につけていない方が無計画なダイビングを行うことにより現在でも減圧症は発生しています。

なぜ減圧症になるのか
簡単に説明すると気圧が急に下がることによって体内に気泡が生じて神経や関節などに障害をもたらした状態です。正しい知識を身につけず無理なダイビングをしたり、器材の使い方が分からず急浮上したりすることが原因の一つです。
対処法は
まずは減圧症の原因と、どのような状況で発生するかをよく理解しておくことです。ダイビングに制限時間があるのはご存知ですか?私も昔はエアがあれば何メートルでも、何分でも潜っていられるものだと思っていました。しかし無計画なダイビングでは減圧症を招いてしまします。安全にダイビングできる計画を立て、計画に沿ってダイビングすることが一番の予防になります。また、余裕を持ったダイビングを常に心がける習慣も大切です。
減圧症にならないよう体内の窒素圧を管理してくれる器材です。講習では実物を見ながら使い方を覚えていきます。

漂流のリスク

ダイビング事故の一つに”漂流”があります。潮流の早い場所をボートダイビングで潜った時などに起こる可能性があります。しかし海水浴の方や、サーファーの漂流事故に比べるとダイビングの漂流はごく稀です。

なぜ漂流するのか
海には潮の流れがあります。波と違い一定方向に流れ続ける”潮流”です。時にこの流れは人の歩く速度以上になる事もあります。そのような状況でダイビングを行い、元の場所に戻る事ができなかったり、船から離れすぎてしまい浮上しても船長に気が付いてもらえないまま流されてしまう事で漂流事故が発生します。
対処法は
自分のレベルに応じた海で潜る事が大切です。流れの早い海では漂流だけでなくロスト(離れ離れになる)ことなども起こりやすいです。スムースな潜降能力や素早い耳抜き、中層で止まるスキルなど様々な技術が必要になってきます。まずは流れの無い海を選んでスキルアップしてから流れのある海にチャレンジすると良いですね。リスクの高い流れですが、そこにはサメやマンタなのどの大物がいる確率も高いのでスキルアップしてチャレンジしてみましょう。
これは万が一漂流してしまった時や逸れてしまった時に使用するシグナルフロート。船から自分の位置を発見してもらうための器材です。潮流の早い場所でダイビングする際は必携です。オープンウォーター講習ではシグナルフロートの扱い方も練習します。

エア切れのリスク

スクーバシリンダーのエアを使い切った状態をエア切れと呼びます。ダイビングをする以上必ずついてくるリスクですが、正しい計画の立て方と、簡単な習慣で防ぐことができます。万が一エア切れになってしまった場合は速やかに対応する必要があります。

なぜエア切れは起こるのか
エア消費の速度は人によって様々です。体格の大きな男性の方、運動量が上がった時、息が上がってしまった時など時はエアの消費が早くなります。どんな状況であれ残圧確認を怠ることによってエア切れが起こります。ダイビングでは自分の残圧をこまめに確認して常にどれくらいあるのかを把握しておかなければなりません。
対処法は
ダイビング前、ダイビング中と常に残圧を確認しておくことでエア切れを防ぐ事ができます。自分のエアだけでなくバディのエア状況も互いに確認しつつ、計画の段階でエアの残量によるダイビングの折り返しポイントを決めておきます。それでも万が一エア切れになってしまった場合はバディからエアをシェアしてもらいます。完全なエア切れ状態になるまでにしばらく吸い辛いけど呼吸ができる時間があるので意外と焦らずに対応することができます。
エア切れにならないように管理するのはもちろんですが、オープンウォーター講習ではエア切れの疑似体験、バディからシェアしてもらう時の対応、単独で浮上する方法などをトレーニングしていきます。

ダイビング賭けるのは、命じゃなくてお金と労力

ここまで4タイプのダイビングにおけるリスクを解説しました。講習では更に掘り下げ実技を踏まえながらトレーニングしていきます。この他にも数々のリスクヘッジを学んでいきます。どのリスクにおいても正しい知識と、トレーニングによって回避することができます。ダイビングインストラクターでさえ、最初は泳げなかったということも少なくありません。トレーニングを積んでいけば泳げない方でも、ある程度体力の無い方でも事故を起こさないダイバーになることができます。ダイビングを趣味にするには命を賭けるのではなく正しい知識とトレーニングに費やす時間とお金をかけることが必要になります。

シーマンシップ(海で遊ぶ者の心得)

私たちインストラクターをはじめ全てのレジャーダイバー、更にサーファーや釣り人など自然を相手にするレジャーや業務をする場合は”掟”を守らなければなりません。

迷ったら辞める
日々状況が変わる海。お客様のレベルや体力も常に変動する中で私たちはリスクを評価した上で、移動して別の海へ開催地を変えたり、時には中止にしたり、またインストラクターに対するお客様の人数比減らすなどして安全度を高めていきます。お客様ご自身でも体力や体調など自分のレベルなどを判断して潜れるかどうか迷うような状況になったら辞めておくという勇気も必要です。
我慢しない
みんなが行くから私も行かなきゃいけない、耳が抜けてないけど我慢していこう、など使命感にかられ無理をすると小さなトラブルが大きなトラブルへと発展して事故を招くケースがあります。我慢しない、無理しないは海遊びの鉄則です。遠慮なく小さな不安もインストラクターに伝えましょう。
時間とお金は惜しまない
海のレベルも様々です。その時の海の状況と自分のレベルを判断し、怪しいと思ったらそのダイビングは潔く撤退しましょう。キャンセル料がもったいない、今日しかないからという理由で無理しないようにしましょう。ダイビング器材についてもストレスなく使えるマイ器材を購入することも大事です。
常に健康で
ダイビングは健康でなければできないレジャーです。日頃から健康管理には気を配り、ダイビングの前日や当日は体のコンディションを整えておきましょう。睡眠不足や二日酔い、風邪などでのダイビングはトラブルへつながる可能性があります。

ダイビングライセンスは「取得」がゴールでは無く、ライセンス取得はダイビングライフのスタートです

みなさんがダイビングライセンスを取得する目的はなんですか?例えば「ジンベエザメと泳ぎたい」「マンタに囲まれてたい」「かっこいいサメを見てみたい」、例えばここに挙げた例は全てダイビングライセンスを取得しただけでは叶いません。マンタやジンベエザメ、サメなどは潮流(海中の流れ)の速い所にいることが多く、潮流の速い場所はロープなどが無くても潜降できる能力や、浮上速度をコントロールする事、中層でステイする技術など高度なスキルが必要なダイビングになります。単にライセンスを取得して沖縄や海外に行けばマンタやジンベエザメと泳げるわけでは無いのです。

ダイビングライセンスを取得するということはあなたの夢の扉を開けスタートラインに立ったという事です。夢を叶えるためにはダイビングライセンス取得後もトレーニングと経験を積み上級者になる必要があります。しかし初心者でも海中は素晴らしい出会いがたくさんあります。身近な伊豆の海で、たった3メートルという浅い場所でも水族館より濃い魚の群れに出会う事もできますし、目をマクロにしてみれば見た事も無い美しい色彩のウミウシに出会えたり、クマノミが卵を守っているシーンなど普通の生活では絶対に遭遇できない瞬間に出会う事もできます。楽しみながらスキルアップして夢のマンタやジンベエザメと泳ぐ日まであなたのダイビングライフは終わりません。

憧れのジンベエザメ

ダイバーしか出会えない景色、ダイバーしか体験できない感動。ダイビングライセンスを取得して一度きりの人生を思い切り楽しみましょう

ご予約はこちらから