sunla伊豆

初島のダイビング情報

初島ってどんなところ?

日帰りで行けるアイランド

ノーフォト

初島は熱海から沖合10キロ地点にあり、高速船で片道30分。関東から日帰りでも手軽に行けるリゾートアイランドです。周囲4キロほどの小さな島で、静岡県では唯一の有人離島です。

アフターダイビングの美味しいご飯も初島ならでは

海の魅力は後でお伝えしますが、ダイビング終了後は島で獲れた新鮮な海鮮も楽しみの一つです。立ち並ぶ飲食店はどこも美味しい海鮮を楽しめます。特に初島特産のイカは鮮度が良くとても美味しいですよ。初島のデイトリップはダイビングだけではなく、食事やフェリーも合わせて楽しめるのが良いところです。

ダイビングレベル ☆(ビーチ)|初心者〜

メインポイント「フタツネ」

ノーフォト

フェリーから降りたら歩いて初島ダイビングセンターへ。メインポイントはビーチで初島ダイビングセンターの正面にある「フタツネ」です。

フタツネは初心者でも潜りやすいポイントで、ゴロタのかけ上がりを降りるとフラットな砂地に変わります。砂地には所々、捨て石や、根が点在していてなだらかに深くなっていく地形です。最大深度は23mほどと比較的浅めです。

沖合に位置しているので透明度は安定して綺麗で、急斜面が少ないため浮力のコントロールや耳抜きもやりやすい地形をしています。そのため初心者でもストレスが低い状態で潜れるポイントです。

ただし平均水深が深くなりやすいのでダイブコンピューターを正しく使えることが望ましいです。

初島の海の魅力

離島ならではのダイビングが楽しめる

ノーフォト

ワイドもマクロも楽しめるのが初島の魅力。さすがに10キロ沖合にあるだけあって魚影がとても濃いのが特徴です。特にタカベの群れは初島では年間を通して観察することができ、見応えのあるダイビングができます。

でも本命はマクロ

ワイドが素晴らしい初島ですが、マクロも熱いのが初島です。カエルアンコウbabyやタツ類、ジョーフィッシュ、ピカチュウを代表にウミウシ類もネタが多くじっくりフォトダイビングするにも楽しいダイビングポイントです。

イルカと潜れる海

ノーフォト

初島には2匹のミナミハンドウイルカが住み着いていてダイバーを沸かせました。2022年現在は姿を見せなくなりましたが、まだ近くに生息しているようでたまに姿を表すそうです。早く戻ってきてほしいです。ほんとに可愛かったんですよ。

イルカは餌の豊富な海域に住み着くそうで、初島の魚影の濃さが2匹のイルカを呼び寄せたんでしょうね。

イルカが居なくてもマクロにワイドと熱い初島。ぜひ一緒に潜りましょう。

初島のダイビングメニュー

参加対象
Cカードを有する、中級者ダイバー〜
基本プラン
2ビーチダイビング
料金
2ビーチ¥22,000(フェリー代金含む)
集合
熱海駅集合〜熱海駅解散