出会いと別れのサンライズ。サクラマスになって戻ってこい!

よしふみへ

愛するよしふみへ、この場をお借りしてメッセージを送りたいと思います。サンライズの身内話になりますが、サンライズファン及びご新規様もご覧いただければ幸いです。

台風一過の川奈は晴天の空に青い海。神様がこの日のために用意してくれたような舞台で今日、川奈の海を後にする男がいた。

その名は、おー山田よしふみ。

サンライズのスタッフで、この夏阿吽の呼吸で一緒に働いてきた僕の右腕。不器用で、単純で、バカで誰よりまっすぐで人が大好きな純粋な心をもった男です。

もともとゲストとして通ってくれていたよしふみが「ダイビングをしたい」から「ダイビングを通して人を幸せにしたい」といつの日から思い、僕の厳しい指導の元、ダイブマスターというプロの称号を得て共にゲストを幸せにするために力を尽くしあった、最初で最後の夏でした。

僕は海にいるよしふみしか知りませんが、いつもキラキラと輝いている彼の口から「会社では死んだ魚の目をしているんだ」と言われて僕はなんだか少し嬉しくなりました。

よしふみはここでこそ自己表現ができて、サンライズだからこそ自分の価値を発揮できるんだ、と。

人それぞれ自分が自分らしく居られる場所は違います。

社会でバリバリの最前線を張っていける人もいれば狭い世界で小山の大将やってる人もいるし、自分の得意な分野でしか自己表現できない人もいるし、全部素敵な人生だと思います。お金が有り余るほど稼いでいる人もいれば四苦八苦やりくりしている人もいるけど、自分が自由に自分らしく生きていける環境を選べることができればそれは最高に幸せだと思います。そのためには旅に出ることも自分にリスクを課すことも必要な場合もあります。

よしふみは一流企業を辞め、これからワーホリで世界に羽ばたきます。僕なんか海外にも行ったことが無いちゃんちゃんなのでそっちの世界も気になるし、その覚悟が素敵で羨ましいと思っています。

でも僕はここに使命があるのでここを離れることもありません。よしふみが帰ってきた時相変わらずのサンライズでいたいからです。

ご家族の方にはご迷惑をお掛けしますが、どうか見守ってやってほしいです。彼はそれだけの才能を持った男なんで、大丈夫です。

いつか僕がサクラマスについて話した時、よしふみは俺もサクラマスみたいになりたいとつぶやいていました。

サクラマスとはヤマメの超大型種で、みんな知っている標準和名「ヤマメ」のことです。ではなぜサクラマスと名前を変えるのかというと日本に生存するほとんどのヤマメは全長30cmほどにしか成長しません。しかし極稀に60cmまたは70cm級に育つヤマメがいます。それを釣り人は敬称としてサクラマスと呼びます。なぜそんなに大きくなるのかと言うとヤマメは通常川で産まれ川で死にます。しかし元来ヤマメはシャケの仲間ですから本来ならば海に降り大きくなって川に上がって産卵する本能を持っています。しかし今日本にいるヤマメはほとんどが海に降りません。なぜなら森を植林し、保水力の無い杉林の山になってしまっているから川の水が減り、水が減ったから人はダムを作り貯水します。そうすれば川はさらに枯れ、もう海には降れなくなります。そんなヤマメを陸封型と呼びます。今日本にはほとんど陸封型のヤマメしか存在しませんが、今でも極僅かに、自然豊かな東北や日本海では太古の遺伝子を残した降海型のヤマメが存在します。海に降りてハンターとして猛威をふるい、ヤマメとしてはありえないサイズまで大きくなって川に帰ってくるヤツを釣り人は敬称としてサクラマスと呼びます。

サクラマスになって帰ってくるよしふみと会える日を楽しみにしています。寂しいけれどこれから旅に出るよしふみに乾杯。

3連休、みんな泣きっぱなしだったね!笑

本当に幸せなやつだなよしふみは!

そんな仲間に支えられてやってこれた僕が一番幸せです。感謝しなくちゃね。ありがとうよしふみ。

グッバイアゲイン(オーナーは英語苦手)

 

 

 

 

 

台風直撃中のオープンウォーター講習!

こんばんは、惣一です!

3連休、オープンウォーター講習で満員御礼のありがたき日。

しかし、見事に直撃予報の台風18号。

第一にシーマンシップとして、怪しければ止める。無理はしない。これが自然を相手にすることの掟です。ましてや遠方から来ていただき当日、潜れませんなんて悲しいです。

その可能性も十分にあったのでこちらから状況を説明して泣く泣くのキャンセルや日程変更等もありました。

が!

大石は思っていました。「なんとかなるっしょ!!!」って。

で!

結果から言うと、予言通りってことでこの連休も乗り越えられちゃいましたー!

とは言え、安易にそう思ったわけではありません。

一週間前から予報と睨めっこ。日々変わっていく状況の中でゲストになんて伝えたらいいのかも際どい判断力が必要です。僕は天気予報士ではないのでわからないこともたくさんありますが、その道のプロフェッショナルが出した予報を自分が住んでいる地域に落とし込んでどの海でどう講習を進めていくか。

講習が開催できずに日程変更になっても9月10月も半ばまでほぼ予約も埋まってて受け入れも難しい状況で、できればやりたい。でもリスクは回避していかなければならない。。。

正直胃が痛いっス!

だからこそ2の手3の手を用意して、来ていただいたゲストが残念な思いをしないように策略を練りつつ、講習開始日の前日夕方に最終判断をするワケです。(2の手は西伊豆などに移動〜、それもできなきゃ3の手。もう昼間からBBQやって楽しんでもらうwww)

 

そんな微妙な状況だったのでキャンセル及び日程変更していただいたゲストにはご迷惑をお掛けいたしましたm(_ _)m

そんな中、やれるだけやるって言って来てくれたゲストたち。

ドラマの大逆転勝利でした!

伊豆海洋公園プール講習

ちょっと寒かったけどここは台風とは無縁、初日はオッケーです。

問題は台風接近中の二日目。

無理かと思った二日目ですが、近くの海がオープンしたのでハードな条件でしたが海を移動して開催しました。しかしやはり、良い状況ではなかったので1ダイブで終了としました。しかしこの1ダイブができれば翌日に盛り返せます。貴重な1ダイブ。

伊豆川奈、最高のコンディション

 

二日目は早上がりでしたが三日目は台風一過、空も海も青く最高のコンディションで講習を開催できました。

最終日3ダイブして無事オープンウォーター講習完了!!

台風で無理かもしれないと誰もが考えた3連休。蓋を開けてみればちょっとハードな状況もあったもののそれもエッセンスて感じで無事に講習を終えることができました。

これたまたまじゃなくてパターンです。このコースでの台風直撃はむしろ大丈夫。心配してたのは陸上の交通網の方でしたがこれもこのコースなら問題なかったですね。

何とかなるっしょ!!ってのは安易な思いじゃなく僕の経験から導き出した重〜い判断です。ついてきてくれたゲストたちには感謝です☆

とは言え、これも言ってみれば後の祭りです。台風も予報通り進まないことも多々あるので最終的には天の神様だけが知っていることです。

だから粘ったもん勝ち!損得考えず行くだけ行く、やるだけやる。それでダメなら諦めて宴〜。それが海人ってもんだと思います。これからも台風シーズンですので今後来ていただくゲストに参考になれば良いかなと思い記事を書かせていただきました。

伊豆川奈でダイバーデビュー

そしてまた新たにサンライズファミリーの誕生です☆みんなダイバーデビューおめでとうッ!これから海のある素敵な暮らしを☆

ちゃお☆

伊豆海洋公園で伊豆ブルー!

ちわ!惣一です!

目覚まし代わりの蝉の声、南の空に入道雲、おかえりなさい、夏!!まだまだ俺の夏は終わらないぜ!

とか言って実は秋が一番好きですw

今日は平日マンツーマンだったのでお隣の伊豆海洋公園に浮気してみました。晴天、透明度絶好調!魚たくさん、水温あったかい!海穏やか!全て揃ったパーフェクトデイでした!

伊豆海洋公園

透明度20m、水温27度と完全に南国並!伊豆海洋公園は深いので1ダイブ目は30mディープの世界を堪能してきました。ただただ青い海に浸かっているだけで幸せになれる海でした。2ダイブ目遠出してブリマチの根へ行ってみるとそこにはとんでもない数のキンギョハナダイが群れていました。

まさに桜吹雪のように頭上から下から、横から流れていきます。是非動画でチェックしてみてください!

伊豆海洋公園

しんたろう、ありがとう!最高の海案内できて良かった!

明日もよろしくねッ!

 

 

 

ダイバー松茸と出会う。

おはようございます、きのこマニアのダイビングインストラクター惣一です。先週末はお楽しみの年イチevent、

「きのこ観察&本栖湖アルティチュードダイビングツアー」

を開催しました。

得意な分野や楽しいことはついついシェアしたくなっちゃうおせっかい野郎の僕なので、いっその事ツアーにしてしまえっ!と開催しているツアーです。初回開催時はそんなツアー客集まるの?なんて言われて不安でしたが、なんと!サンライズイチ人気のツアーに今では昇華してしまったこのツアーの魅力をとことん語ります。

まずは初日のきのこ観察会の様子からお伝えしてきます。

野生のきのこがあっちにもこっちにも

森に入ると早速野生のキノコがお出迎え。あっちにもこっちにも生えています。ただしそのほとんどは毒、または不食。たくさんのきのこの中でも食べれるのはほんのわずかなんです。

狙っていくきのこの特徴や探し方、紛らわしい毒きのこなどの説明をします。本命のマツタケの出方や見つけ方などもこっそり教えていざ探索開始です!

山の中はとても幻想的な空間です。里山と違いツガ林の森は苔むしたもののけの世界です。

そんなもののけの森には妖精も住んでいます。

写真のきのこはベニテングタケと言って見たまんまですが、毒きのこです。でも可愛いらしいルックスはまるで森の妖精のようです。後ろに写り込んだ玉ボケがとても美しいです。

可愛いきのこも見つけたことだし、他のきのこもたくさん採れたのでそろそろ本気でマツタケを探し、(僕は最初から本気だったけど)しかしそんなに甘くないのがマツタケ様。プロや玄人もたくさん入るこの山でマツタケを探すのは至難の技です。ただし僕らには何と言っても34個の目があるのだ。

ついに出たマツタケ

折り返し地点も過ぎた頃、根気よく頑張って探しているゲストの一人がマツタケ発見!おー、やっと出た!

小さかったですが正真正銘のマツタケです。三年前からマツタケしか狙わなかったゲスト、Eちゃんが執念のマツタケをゲットしてくれました!そしてその後もまたしてもEちゃんマツタケゲット!ん〜、持ってるね!

そんなワケで二本のマツタケをゲット。17人いてたった二本?て思うかもしれませんが、管理されたマツタケ山で採るのとは訳が違います。今年はプロも悪戦苦闘している状況で、ここで採れたマツタケは正真正銘の価値ある一本。

5時間の山歩きを終え、宿泊は毎年お世話になている本栖湖いこいの森へ。

可愛いきのこ達。

夜は肉塊でワイルドBBQ!

毎年のことですが、上質な赤身肉をどーんとブロックで豪快に焼いていきます。これがめっちゃんーーマイっ!!地場の無農薬野菜のバーニャカウダやマリネも美味でした。 協力:山物市場

生ビールサーバーも持ち込んでマツタケ収穫のお祝いです。ツアーの魅力はコレ!良い仲間と、うまい飯、生ビール、野外=最高のひととき。

二日目は本栖湖アルティチュードダイビング

二日目はダイビング屋さんの本業です!日本でも屈指の透明度を誇る本栖湖での淡水ダイビングです。しかもここ本栖湖は標高が約1000mとダイビングでいうところの高所に当たります。それを”アルティチュードダイビング”と言います。標高が変わることによって気圧が変わりそれによりダイビング手順も少し変わってきます。

湖、淡水、高所といつもと全く違う環境でのダイビングに挑戦です!

海の青と違い優しい青の世界です。そして緑が美しい水草達。魚こそ少ないものの小さなエビや水草に咲いた小さなお花なんかも見れるんです。

流木がかっこいい〜!淡水っぽい光景ですね。日差しもさんさんと差し込み癒し系のダイビングでした。沈木の周りにはアユとそれを追うブラックバスの姿が。外来魚のため駆除が進められていますが、魚としてとてもかっこいい魚です。

水温も心配したほど寒くなくまったり癒しのダイビングを二本満喫してダイビングも終了。無事に事故なく二日間のツアーが開催できました。

今年も参加いただいたみなさん、及び準備や片付け等尽力いただいたスタッフのみなさん。ありがとう!!

 

では、また来年。

 

 

伊豆半島が世界に誇る海「神子元」

伊豆半島が世界に誇る素晴らしい海「神子元」

「みこもと」と読むこの海は伊豆半島の下田から5キロほどの沖合に浮かぶ岩礁帯です。

半島の外なので潮の流れが早いのが特徴でとてもスリリングなダイビングができます。何と言っても名物のハンマーヘッドシャークを初めとするサメ類が見れるのも素晴らしいですが、イサキやタカベの大群、それからカンパチやヒラマサなどの大型の青物、大型のモロコ(クエ)やド級のマダイなどなど伊豆半島の地方周りとはまるで別の世界の海が待っています。

その分海流が早いため、容易な経験本数とダイビングスキルでは絶対に近づいてはいけない場所でもあります。

伊豆半島の中でも限られたダイバーのみが立ち入りを許される聖域的なイメージです。

そんな神子元へサンライズダイビングで行って参りました!

僕自身も神子元経験は浅いためガイドも背筋が伸びとても緊張する海です。毎回沖に出る船の上は無言になっちゃいます、笑

今回は9月の一週目。僕的に何かが起こるスーパーサンデー。期待に胸を膨らませいざエントリーするとスーパーブルーの世界が待っていました(^o^)/

黒潮が入っている様子で暖かくて真っ青な潮です。

伊豆半島神子元島

1ダイブ目は潮が早すぎた為、潮裏で潜ったので魚もそこまで多くは無かったですがカンパチやイサキの群れなどを堪能しました!

そして2ダイブ目は潮もさっきより更に青くなり情報ではハンマーチャンスあり!ということで期待して潜ると目の前に2匹のハンマーヘッドシャーク出現!しかも後ろからもう一匹、3m級のボスハンマーも出現!

ウォーーーーーーーー!!ハンマーでけーーーーっっっw

かっこヨーーーーーーー!

と水中で叫んでしまいました。ぼく自身二度目のハンマーヘッドシャークとの遭遇でしたがやはりかっこよくアドレナリン出ますねッ!

一瞬の出来事で写真はないですが、また近いうちにリベンジ行ってきます!

神子元、イサキ、タカベの群れ